乳腺下法メリット・デメリット-胸が大きくなる方法色々!
胸が大きくなる方法色々!
乳腺下法メリット・デメリット


メリット
・乳腺下法は、大胸筋の上側に豊胸用バッグを挿入するので、大胸筋に押しつぶされることがありません。
・乳腺を傷つけないので出産後の授乳も問題ありません。
・手術後の傷の治りが早く、大胸筋下法に比べて筋肉を剥離しないため、痛みも少なくてすみます。

デメリットの可能性
・豊胸用バッグの上には乳腺しかないので触ったら、バッグの感触が分ってしまうことがあります。
・被膜硬縮が起こった場合、硬縮した形が乳房表面に出やすい傾向があります。
・カプセル拘縮が起きやすくなります。


Topへ戻る

Copyright(C) 2007
胸が大きくなる方法色々!
All Rights Reserved.